11月 1, 2007 04:00:00 午後 CET
Share to Facebook Share to Twitter Share to Twitter More...

メッツォが米国での企業買収を通じて金属リサイクル部門をさらに強化

メッツォはミュラー・エンジニアリング社(MEI)を買収いたしました。MEI社はウィンスコンシン州のニュー・ベルリンに居を構えており、北米地域の シュレッダ業界に対し高電圧駆動システム装置およびサービスを提供するリーディングカンパニーです。売り手はミュラーグループのメンバーです。買収価格は 600万ユーロで、2007年10月31日付でメッツォの傘下に入りました。
ミュラー・エンジニアリングはシュレッダ・プラントへのサービス提供を行う会社で、シュレッダの機能に決定的な影響を及ぼす駆動モータと関連装置のサービ スを専門としています。MEI社の顧客は北米地域だけではなく、アジア太平洋地域、南米、南アフリカ、ヨーロッパにも広がっています。2006年度の純売 上高は1,000万ユーロ、従業員数は約20名です。

この買収によりメッツォ・ミネラルズは、北米における金属リサイクルプラントへのサービス業務とシュレッダ・プラントの重要な中核コンポーネントの提供業 務において、その地位をいっそう強化することになりました。2007年3月のBESTの取得とあわせ、この買収によってメッツォは金属リサイクルプラント へのサービス提供分野において北米のリーディングカンパニーとなるでしょう。


詳細に関するお問合せは下記まで:
Heinz Gerdes, President, Recycling Business Line, Metso Minerals, tel. +49 211 2105 0
Mike Phillips, SVP, Finance and Administration, Metso USA, tel. +1 770 246 7237

これをシェアする

Metso in Twitter