プレスリリース 2月 9, 2010 04:00:00 午後 CET
Share to Facebook Share to Twitter Share to Twitter More...

メッツォがシュレッダー・プラントをスイスのカール・カウフマン社に納入

メッツォは、特別注文によるシュレッダー総合プラントをスイスを拠点とするカール・カウフマン社に納入することとなりました。2010年下半期の納入を予定しており、環境&エネルギーテクノロジー部門の2009年度第四四半期の受注高に算入されています。

メッツォの納入範囲は特別注文のシュレッダープラント一式で、軽量から中重量の混合スクラップ、廃車両、新断ち材、およびアルミニウムスクラップの破砕を 行います。さらに、メッツォは特別設計された集塵システムや最先端技術を駆使したプラント制御システムも合わせて納入します。この新しい中規模プラントは 年間で最大9万トンの鉄を産出、スイスで最も効率のよいプラントの一つとなり、メッツォはその生産性の向上に一役買うことになります。

このようなシュレッダープラントの価格は一般的に1,000万ユーロに満たないものです。メッツォはメタル・リサイクル機械装置の分野におけるワールド・マーケット・リーダーで、世界のメタルスクラップの約3分の1がメッツォ製品から生産されています。

1860年創立のカール・カウフマン社はスイスの最も有名なリサイクル企業グループの一つで、鉄および非鉄金属、電化製品スクラップ、紙や厚紙、さらには、建築廃材の処理を専門としています。


詳細に関するお問合せは下記まで:
Peter Wilbert, Vice President, Shredder, Recycling Business Line,
Tel. +49 211 2105 431 (Germany)

これをシェアする

Metso in Twitter