プレスリリース 5月 9, 2018 05:00:00 午後 CET
Share to Facebook Share to Twitter Share to Twitter More...

リサイクルをメッツォとともに ― IFAT 2018で学ぶ金属・廃棄物リサイクルの持続可能なソリューション

世界最大の環境テクノロジー見本市 "IFAT 2018" において、業界最先端の金属・廃棄物リサイクルソリューションを用いることでいかにして処理効率や信頼性、安全性を向上させることができるかというテーマで、メッツォの専門要員が最新の知見をお話しいたします。

メッツォは約100年にわたって、装置や各種サービスをリサイクル業界にお届けしてきました。世界中での何千もの装置の据付けを通じ、メッツォは、ほぼあらゆる種類の廃棄物やスクラップメタルを処理するための装置や総合的なシステムをはじめとして、業界最先端のソリューションを開発してきたのです。リサイクル製品シリーズはすべて、廃棄物・金属ソリューションに向けたさまざまなサービスでサポートされています。

スクラップ処理の代表的なソリューション

  • メッツォNシリーズ™リサイクル装置は特に中小リサイクルヤードでの稼働に適しています。堅牢な構造をもつこのシリーズは、メッツォ・リンデマン™シリーズのスクラップシャーやプレスなどと同様の特長や利点を数多く有しており、メッツォのグローバルエンジニアリングチームとサービスチームから全面的にサポートされています。
  • メッツォ・シュレッダー運転アシスタント(メッツォSDA)は、スクラップ投入工程の稼働パラメータを監視・制御するセンサー式の最適化ツールで、シュレッダー出力の最大限の有効活用と性能向上を補助します。このシステムは追加ソリューションとしても、また、新規据付機械のオプションとしても導入可能です。
  • メッツォの合金ハンマーは金属の破砕処理向けに最適化されたもので、1トン当たりの破砕コストに優れた成果をもたらします。グループ内の鋳造工場から調達されるメッツォ製特殊合金はメッツォのすべてのシュレッダーシリーズに採用されており、経済効率の大幅な向上を保証するものです。

お客様の多様なニーズにお応えする、ずばぬけた廃棄物シュレッダーソリューション

  • メッツォM&J™の予備破砕テクノロジーは固定式、および移動式での廃棄物処理を目的としたもので、パワフルな特注の刃とオープンタイプの切断テーブルがその基本に据えられています。これらの明白な技術的利点は、硬い材料や摩耗性の高い材料であっても高運転率で常時稼働させることのできる堅牢かつ高性能なシュレッダーをお探しのお客様にとって大きなプラスとなりえます。
  • メッツォM&J™では、シングルシャフト、またはダブルシャフトのシュレッダーを各種取り揃えており、多種多様な材料を処理して極めて一貫性の高い均質な製品を産出するので、代替燃料生産(RDF/SRF)に特に適しています。
  • メッツォはさらに、廃棄物リサイクル向けメッツォ・メトリックスの販売を開始しました。これはシュレッダー性能、効率、および信頼性をさらに最適化するためのデジタルソリューションです。メッツォ・メトリックスにより遠隔データ監視を介して、お客様は保有するシュレッダーの性能や稼働状況にほぼリアルタイムでアクセスすることができます。オプションでメッツォの専門要員がデータを分析し、お客様の環境下でシュレッダーの稼働や信頼性をさらに高めるためのアドバイスを行うことも可能です。
  • 見本市期間中には、お客様に対し廃棄物リサイクルソリューションのグローバルディストリビューターネットワークへの参加をお勧めさせていただきます。

IFAT 2018201851418日)、B4ホール、451/550ブースにてメッツォの専門要員がお待ちしています。

見本市に関しては右のページをご参照ください:metso.com/events/2018/ifat-2018/

メッツォは、岩石鉱物処理、骨材処理、リサイクル、およびプロセス産業のお客様に向けて、天然資源の持続可能な処理とフローを目的とした装置やサービスをお届けする世界のリーディングカンパニーです。我々は、独自の知識と革新的なソリューションを活用しながら、お客様の経営効率向上、リスク削減、収益性アップのお手伝いをしています。

メッツォはナスダックヘルシンキ(フィンランド)に上場しており、2017年純売上高は約27億ユーロです。50カ国以上の国々で12,000人以上がメッツォ従業員として働いています。

 

本ニュースに関するお問合せ先:

これをシェアする

Metso in Twitter